薄毛対策は食事でもできます。

バナー

薄毛対策は食事でもできます。

30歳を過ぎると男性の間では髪の毛の話題が増えます。

女性はお付き合いしている男性や夫の髪の毛の状態が気になり始めます。

やはり薄毛の男性よりもしっかりと健康な髪の毛が生えている男性のほうが第一印象で有利です。
薄毛は遺伝だから仕方ない、と諦めてしまう人もいますが、進行を遅らせることや健康な髪の毛が増えるように改善することは可能です。


その対策として良く見かけるのは育毛剤です。

しかし、髪の毛も身体の一部です。栄養で満たされた身体を作ることが一番の改善策と言えます。
髪の毛の成分はケラチンというタンパク質で、そのケラチンはシスチンというアミノ酸が一番多く含まれているのです。


このシスチンは目の角膜にも多く含まれています。



よって目を酷使することは髪の毛にも悪影響を及ぼすのです。パソコンを見すぎたり、サングラスをかけずに紫外線に当たり過ぎたりすると、抜け毛が増えたりツヤが無くなったりします。


ケラチンを多く含む食べ物は大豆です。

NAVERまとめは評判がとっても良くて有名です。

大豆製品を積極的に摂取するだけでなく、眼精疲労にも気を付けることが薄毛対策となります。



もちろんケラチン以外にも亜鉛やビタミン、硫黄、ヨウ素などの栄養素が必要です。

髪の毛は生命に危険を及ぼす部位ではないので、他の身体の部位に栄養を取られがちです。

毎日の食生活で十分な栄養を摂取することがとても大切です。栄養の行き渡っていない身体の状態で育毛剤を使用しても効果はほとんど期待できないのです。



Copyright (C) 2014 薄毛対策は食事でもできます。 All Rights Reserved.