harg療法の効果の仕組み

バナー

harg療法の効果の仕組み

頭髪は、毛根内部の毛母細胞の分裂により、新しく作りだされたり成長したりします。

毛母細胞が分裂するためには、付近にある毛乳頭という部分が栄養素を吸収しなくてはなりません。


毛乳頭に栄養素を運び込むのは、血液が役割を担っています。

このために、栄養不足や血液循環の不良は、毛母細胞の分裂の妨げとなり薄毛が進行する原因となってしまいます。



harg療法は、この毛母細胞の分裂を促進するために成長因子を注入し、さらに頭髪に必要な栄養素を与える部分も刺激するという内容です。
新しく頭髪を作りだすだけではなく、現在の頭髪も健康な状態に回復させる効果も期待出来ます。



頭髪の成長と再生に直接働きかけるという内容であり、どのような原因の薄毛に対しても有効な治療法です。


頭髪は成長期から退行期、休止期というサイクルで移行します。

正常な状態であれば、成長期は4年から6年間継続します。



しかし、狂いが生じた場合は、成長期の期間が大幅に短縮されてしまい、短い状態や細い状態のまま抜ける頭髪が増加します。

harg療法は、この頭髪の成長サイクルも正常な状態に回復させる効果があります。

harg療法を行う事により、頭髪の成長サイクルが正常な状態に回復する理由は、毛母細胞が刺激されるからです。細胞分裂の頻度が低下する事がないので、常に新しい頭髪が作りだされるようになります。成長期が長くなり休止期が短くなるので、正常な状態をキープできるようになり、薄毛が改善される結果につながります。




Copyright (C) 2014 harg療法の効果の仕組み All Rights Reserved.