薄毛の原因や治療法について

バナー

薄毛の原因や治療法について

薄毛とは毛髪の量が減少し地肌の見える範囲が拡大し現れることを指します。

原因は食生活やストレスなどの生活習慣が関係していることや、遺伝によるものや男性ホルモンの影響により生じると考えられています。

現在では男性の方が発症率が高いとされていますが、近年では薄毛に悩む女性も増加傾向にあります。



薄毛には毛髪自体が細くなり地肌が見えてしまう場合と、毛髪が抜け落ちて本数自体が減少する場合があり、これらが混合している状況も多くみられます。

産経ニュースの様々な相談を受けることができます。

毛根にある毛細血管の血流不足により十分な栄養が補給されないことによる脱毛や、皮脂の分泌量が多く毛穴がつまり頭皮に炎症をおこしてしまうことが要因として考えられています。


特に男性型脱毛症では、前頭部から後退し脱毛がみられるタイプと頭頂部から薄毛が生じるタイプがあり、これらが混合してみられる場合も多くあります。



薄毛防止ケアは、頭皮の清潔保持として正しくシャンプーを行い、頭皮をマッサージして血行を促すこと、また規則正しい生活を心がけ、しっかり睡眠を確保し、食事もタンパク質やビタミン、ミネラルを含むバランスのより食生活が重要となります。

さらに男性型脱毛症の治療として近年では専門クリニックも増加傾向にあり、クリニックへ通院し専門医の診察のもとプロペシアやミノキシジルを含む血管拡張剤の内服治療や、HAGA療法という幹細胞から抽出された成長因子を直接頭皮へ注入し、発毛を促進させる治療法もあげられています。




Copyright (C) 2014 薄毛の原因や治療法について All Rights Reserved.